鹿キャラクター「ROKU(ロク)」と行く奈良散歩・東大寺法華堂!!

東大寺で南都焼討といわれる治承4年(1180年)の平重衡の兵火にまぬがれたのは、転害門・正倉院・法華堂(三月堂)である。

dsc04203-1

2種類の建物がつながっている東大寺法華堂。左半分の正堂が奈良時代の建立、右半分の礼堂が鎌倉時代建立である。
もとは寄棟造りの正堂と礼堂が軒を接して建つ配置であったが、鎌倉時代、礼堂を入母屋造りに改築して2棟をつないだ。
dsc04210-1

広告

本尊は不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)で、「不空」とは「むなしからず」「羂索」は鳥獣魚を捕らえる縄、「心念不空の索をもってあらゆる衆生をもれなく救済する観音」を意味する。
一面三目八臂(額に縦に一目を有し8本の腕)で、胸前で二手が合掌し羂索と蓮華・錫杖を持っている。

086a76c18b0b903ea1ea65bda85172b2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る