ROKU(ロク)と行く奈良飛鳥・石舞台古墳!!

roku%e6%95%a3%e6%ad%a9

飛鳥の石舞台古墳に行ってきたよ!!古墳の盛り土がなくなってしまった古墳だって。
巨大な石が積まれた不思議な形が印象的だね。どうやってこんなに大きな石を運んで積んだんだろう?

%e3%81%8b%e3%82%81%e3%81%8d%e3%81%a1%e8%a7%a3%e8%aa%ac
石舞台の名前は、天上石が平たいので古くから石舞台古墳の名で親しまれてきた。
玄室の長さ7.6m・横幅3.5m・高さ4.7m・天上石は2個の巨石で北側が約64t南側が約77tと推定され、羨道の長は11.5mである。

dsc02332-1
被葬者は不明で、蘇我馬子の墓ではないかといわれている。
発掘調査で方形の墳丘や堀が確認され、驚くことは6世紀代の小さな古墳を壊して7世紀初めに造られたのがわかった。

dsc02359-1-2

広告

dsc03412-1

石室内部はこんな感じ。石の隙間から顔が見える。
dsc02341-1

dsc02357-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る