ROKU(ロク)と行く飛鳥・亀石!!

長さ3.6m・幅2.1m・高さ1.8mの花崗岩に亀の顔のような彫刻がされた「亀石」。なんの目的で作られたかは謎である。

dsc03442-1
一見かわいい顔をしているが、怖い伝説もある。

「奈良盆地一帯が湖であった頃、対岸の当麻(たいま)のヘビと川原のナマズの争いの結果、当麻に水を吸い取られ、川原あたりは干上がってしまい、湖の亀はみんな死んでしまった。亀を哀れに思った村人たちは、「亀石」を造って亀の供養をしたという。」

「元は北を向き、次に東を向いた。そして、今は南西を向いているが、西に向き、当麻のほうを睨みつけると、奈良盆地は一円泥の海に沈んでしまう。」
dsc03443-1

広告

ロクについての紹介記事は>>ROKU(ロク)奈良で生まれた鹿キャラクターが熱い!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る